お知らせ

2015/5/5

「SETとは」内、「メンバー紹介」ページを更新しました! NEW!

 

 2015/4/17

「みなさんに参加していただけるサポート活動」ページをオープンしました! NEW!

 

2015/3/1

トップページにて、「三陸館」の情報を掲載しました!

 

2015/1/10

「沿革」を2014年まで更新しました!

 

  SETブログほぼ毎日更新!
  SETブログほぼ毎日更新!
 Facebookページはこちら!
 Facebookページはこちら!
    浜野菜のご購入ができます!
  浜野菜のご購入ができます!

その他活動レポート

・イベント協力、ブース出展等

2011/04/15 「チャリティ親睦会」への出展

2011/04/23 映画「マジでガチなボランティア」にて

       オープニング挨拶

2011/04/24 勉強会「今、私たちにできること」共催

2011/05/04 「東京読モ」主催のチャリティイベント出演

2011/05/06 「Mixed」でのチャリティブース出展

2011/05/07 今一生さん主催「被災地合同報告会」に出演

2011/05/17 学生団体U-Lead主催「Walk on」出演

2011/06/18 学生団体SWITCH主催

       「合同新歓フェスティバル」に出展

2011/09/07 「NEXT LEADERS MEETING2011」出演

2012/08/14 広田町出身者主催によるレゲエ祭「EXPECT HOPE」のWeb作成                ▶http://ameblo.jp/expecthope/ 

・メディアでの発信

ラジオ番組や新聞、WEBニュースを通じて、

想いや支援先の現状などをお伝えさせていただきました。

 

▶メディア掲載実績は、こちら

・「若者フォーラム」の主催

共に考え、共に行動にしていくために。

若者としてできることは何か想いを共有するために。

 

【2011/05/13 第1回開催】

テーマ『復興に向けて共に歩む同志になろう』

現地入り報告やパネルトークを実施しました。

参加人数:77名

 

【2011/07/01 第2回開催】

テーマ『わたしだからこそ、できること』

ゲストトークやワールドカフェを実施しました。

 参加人数:112名

・「Dear東北」の主催

【2011/07/17 第1回開催】

テーマ『東北の美味しいを囲んで』

普段あまり語りあう機会のない震災に対する感情や、

日本の未来に対する想いを、

岩手県の食をいただきながら共有しました。

 

また、それぞれの今後の活動のきっかけとなるような繋がりを、

創出する場としても提供させていただきました。

 

【2012/07/06 第2回開催】

テーマ『美味しく楽しく、東京でできる復興支援』

30名の参加者の皆様と、

8種類の東北の食材と2種類の地酒を嗜みました。

広田町の野菜(トマト)とおやきも提供でき、

参加者にとってより広田町の魅力を伝えることができました。

・「SET×ミツメルプロジェクト共同企画」の開催

2011/11/10開催

企業・NPOの経営者様13名にお集り頂いた中で、
今までの活動・これからの活動をプレゼンし

アドバイスを戴きました。

参加人数:企業・NPOの経営者様13名、

     SET・ミツメルプロジェクト10名

・東北復興市「緑のマルシェ」にて物販のお手伝い

【2011/12/03 活動】

築地で開催された東北復興市「緑のマルシェ」にて、
陸前高田産の物販のお手伝いをさせて頂きました。

 

販売物:陸前高田産のしいたけ・きくらげなど(きのこのSATO

    気仙沼産の桑茶(エイトク

 

【2012/05/26 活動】

東北物産展「緑のマルシェ」にてボランティアスタッフとして

5名が参加させて頂きました。

広田町オリジナルTシャツを初めて販売しました。

・「Re:Start」〜今までとこれから歩む一年〜の開催

2012/03/11開催

テーマ:『「東日本大震災の振り返り」と

「今後の復興を一緒に考える」』

自主制作ムービーの上映や

疑似体験ワークショップを実施しました。

参加人数:52名

 

▶参加者の皆様の当日の感想は、こちら

・「わたしたちができること~震災を考える、あるばかで繋がる~」の共催

2012/04/25開催

学生居酒屋あるばか様主催のもと、

復興支援団体SET、Jungle Tiger様、

伊豆市公認サークルSizu様が共催で行いました。

支援団体の活動報告、ディスカッション、

交流会といった流れで参加した皆さんと

距離感の近い空間となりました。